使用し続けると灯台下暗しなニコレット

ニコレットは禁煙のための手助けであって、禁煙に成功してもそれを使い続けては意味がありません。

ニコレットを使い続けてはだめと手で言っている看護師

禁煙をサポートする医薬品ニコレットの内容

タバコには、タールや一酸化炭素、アンモニアといった毒性の強い有害物質が数百種類以上含まれており、健康に対して深刻な悪影響を及ぼす可能性があります。喫煙者は、非喫煙者と比較すると死亡率は2倍高く、寿命は10年短くなるというデータも発表されています。しかも、タバコの煙は周囲に広がるので、周りにも迷惑をかけてしまいます。

このために、公共の場所ではタバコを吸えるエリアは年々少なくなっており、喫茶店や居酒屋といった以前はタバコを自由に吸うことが出来たような場所でも禁止されるケースが増加しています。ところが、このような状況においても禁煙できないという人は少なくはありません。これは、タバコに含まれているニコチンの作用によるものです。

ニコチンは、脳内のレセプターと結合することにより、ドーパミンという快楽物質を分泌します。これにより、非常に快い状態になるのですが、ニコチンが不足すると渇望感に見舞われることになります。つまり、中毒性があるということであり、長くタバコから離れることが出来なくなってしまいます。

ニコレットは、このニコチンの作用を利用して禁煙をサポートする医薬品です。ニコレットはニコチンを配合しているガムであり、歯茎にくっつけるという使用法です。これにより、口の中の粘膜からニコチンを摂取できるので、タバコを吸わなくても大丈夫になります。

また、口の中の粘膜からニコチンを摂取するのは、タバコを吸うのと比較すると吸収する速度は緩やかです。このために、急激な血管の収縮などが起こらないので、安全に禁煙することが出来ます。さらに、ニコレットに含まれるニコチンの量はタバコよりもかなり少ないので、体への負担も軽くなります。確実にタバコを止めたいという人におすすめの医薬品であり、一般用医薬品なのでドラッグストアーなどで気軽に購入することが出来ます。