使用し続けると灯台下暗しなニコレット

ニコレットは禁煙のための手助けであって、禁煙に成功してもそれを使い続けては意味がありません。

ニコレットを使い続けてはだめと手で言っている看護師

ニコレットを使う禁煙内科は外来率が高い

病院の外来禁煙内科では患者の禁煙を助け、カウンセリングと各種処方薬によって禁煙を実現する場所です。以前は禁煙については病気と考えられてきませんでしたが、国の方針が代わり、ニコチン中毒や喫煙による各種病気を防ぐ意味で禁煙が重要視され、各病院に禁煙内科や禁煙外来が生まれています。禁煙内科ではカウンセリングを中心にする場合とニコレットなど禁煙補助薬品を積極的に利用する場合がありますが、外来率はニコレットなどを利用するほうが高いようです。これは禁煙で一番つらいのがニコチン中毒の症状だからと言われてます。ニコチン中毒は体内にニコチンが少ないことで脳内の受容体がニコチンを欲し、体にいらいらやタバコを欲する信号を出してしますからです。そこでニコレットなどの禁煙補助薬で受容体をおさめることで禁煙を進めることができると考えられています。特に禁煙序盤ではニコチン中毒がとても強く出る方が多いので外来率もとても高いようです。しかし、禁煙が続く中で体によい変化が生まれることが多いです。禁煙序盤では食欲が出てきたり、禁煙が進めば体の調子が良い、血行がよくなった、食欲が落ち着いて体重も元に戻ったなど健康な体へ変化していきます。そのため、外来率は徐々に下がってしまうのですが禁煙は完遂するまで気を抜けないのです。ニコチン中毒はそれほど早く治りません。特に禁煙終盤ではちょっとしたことでタバコを吸ってしまってニコチン中毒を悪化させ、禁煙失敗となるケースが多いようです。禁煙外来では序盤の他、終盤についても注意を促しています。ニコレットの摂取量が減ったころがもっとも禁煙が失敗する時期でもあるようですのでカウンセリングを適切に受けながら禁煙を実現したいものです