ニコレットの使用回数を減らすにはどうしたら

ニコレットは、コマーシャルなどで耳にすることもあり、名前を知っている方も多いかと思います。
ニコレットは、正しく使用することで、禁煙が可能になる医薬品です。
使用方法は、タバコを吸いたいと思った時に、一回一個をゆっくりと、30~60分かけて15回程度噛みます。
一回噛んでピリッとしたところで、歯と歯茎の間に製剤を置きます。
約1分以上はそのままにしておき、味がなくなったところで再び噛みます。
こうして噛むことで、製剤のなかからニコチンが放出される設計になっています。
使用回数は、タバコの依存度や従来の喫煙回数などにより、1日につき4個から12個程度が適量で、人それぞれ異なりますが、最大でも1日につき24個までとなっています。
禁煙になれてきたところで、徐々に使用回数を減らしていきますが、減らす方法としては、まずは、一週間ごとに1日の使用個数を1~2個ずつ減らして行きます。
1日に1~2個だけで足りる段階で使用を止めれば、禁煙に成功したことになります。
なお、使用期限は3カ月とされています。
ニコレットは、普通のガムのように噛んでしまうと全く効果が感じられません。
正しい噛み方をマスターすることが大切です。
また、その他に禁煙の工夫として挙げられることは、飲み会やギャンブルなど、タバコを吸いたくなるような場所への誘いや誘惑には乗らないこと、家族や職場の仲間など周囲へ禁煙していることを宣言すること、なるべくストレスを発散するようにし、スポーツや趣味に没頭する時間を設け、タバコを忘れられる時間を作るようにすることです。
禁煙を始めた日を何かの記念日にすると、初心を忘れることなく意志も固くなり、続けやすくもなります。